不動産× LINE 広告

8,400万人のユーザーに届く
不動産業界でLINE広告を使うべき3つの理由

※8,400万人=2020年3月末時点

LINE

こんなお悩み、ありませんか?

  • チラシなどの紙媒体の反響が落ちている
  • 電話やメールで顧客と連絡が取れない
  • Web経由の来店や内見予約を増やしたい

チラシなどの紙媒体の反響が落ちているなら

市区町村でターゲティングができるLINE広告で新規顧客獲得

LINEには8,400万人(2020年3月末時点)の月間アクティブユーザーが存在します。そんなLINEに広告を出稿できる「LINE広告」では、市区町村を指定して配信を行うことができるため、チラシの代替としても活用できます。

市区町村でターゲティング
LINEのユーザー規模

電話やメールで顧客と連絡が取れないなら

LINE公式アカウントで顧客との継続的なコミュニケーションを実現

顧客に自社のLINE公式アカウントを友だち追加してもらえれば、新規物件の情報やキャンペーン情報が送信できます。関心度の高い友だちを、LINE広告で獲得することも可能です。

Web経由の来店や内見予約を増やしたいなら

来店や内見予約、ちょっとした相談もLINE公式アカウントで

来店や内見の予約受付、ユーザーのコミュニケーションにもLINE公式アカウントが活用できます。チャットは普段のLINEと同じ使い方ができるため、電話よりも気軽にメッセージがやり取りできます。

LINEのユーザー規模

それぞれのケースに合った解決策があります。

問い合わせてみる

LINE広告配信面

LINE広告では、LINEアプリ内で最もユーザーの閲覧頻度が高い「Smart Channel」のほか、タイムラインやLINE NEWSなどに広告が配信できます。

Smart Channel

トークリストの最上部に広告表示
詳細はこちら

タイムライン

月間利用者数6,800万人以上
(2019年8月時点)
詳細はこちら

LINE NEWS

月間利用者数6,800万人以上
(2019年7月時点)
詳細はこちら

配信実績例

実際の配信例の予算や方法、結果をご紹介します。

A社不動産ディベロッパー

  • 目  的: 不動産売却の簡単査定に誘導
  • 配信期間: 3カ月
  • 配信予算: 月額約30万円
  • 配信方法: 都道府県指定、類似配信、リターゲティングなど
  • 配信結果: CPA約1,500円

B社不動産仲介業

  • 目  的: 賃貸住宅の情報を発信して会員登録を促す
  • 配信期間: 4カ月
  • 配信予算: 月額約22万円
  • 配信方法: 地域、年齢、興味でセグメント、サイト訪問ユーザーへのリターゲティング配信
  • 配信結果: CPA約9,000円

お申し込みの流れ

01

広告アカウントを開設

02

広告配信の設定

03

審査終了後、配信を開始

・申し込みから配信までは、全てオンライン上で完結します。
・広告アカウントの作成からすべての審査完了後(10営業日ほど)、すぐに配信を開始することができます。

お問い合わせ

LINE広告に関する質問や出稿のご相談は
お気軽にお問い合わせください!