LINE 広告

EC× LINE 広告

8,400万人のユーザーに届く

EC業界でLINE広告を使うべき3つの理由

※8,400万人=2020年3月末時点
Scroll

こんなお悩み、ありませんか?

  • ブランドや商品の認知が獲得できていない
  • メールでは既存会員に情報が届かない
  • 広告だけでは商品の魅力を伝えることができない
CASE. 01ブランドや商品の認知(集客)を獲得したいなら

性別や年齢をセグメントしてLINE広告で配信

ブランドや商品ごとにセグメントを分けて広告出稿することで、本当に届けたいユーザーに広告を配信することができます。リターゲティング配信はもちろん、自社のユーザー情報を基にした類似配信も行えるので、効率よく認知を獲得することができます。

LINEのユーザー規模

性別や年齢をセグメントしてLINE広告で配信

ブランドや商品ごとにセグメントを分けて広告出稿することで、本当に届けたいユーザーに広告を配信することができます。リターゲティング配信はもちろん、自社のユーザー情報を基にした類似配信も行えるので、効率よく認知を獲得することができます。

LINEのユーザー規模
CASE. 02メールでは既存顧客に情報が届かないなら

LINE公式アカウントで顧客との継続的なコミュニケーションを実現

商品購入時、お届け時にLINE公式アカウントを訴求し、友だちになってもらうことで既存顧客にも継続的に情報を配信することができます。自社の顧客情報とLINEアカウントを紐づけることで、カゴ落ちや入荷情報の配信、継続購入を個別に促すことも可能です。

LINE公式アカウントで継続的なコミュニケーション

LINE公式アカウントで顧客との継続的なコミュニケーションを実現

商品購入時、お届け時にLINE公式アカウントを訴求し、友だちになってもらうことで既存顧客にも継続的に情報を配信することができます。自社の顧客情報とLINEアカウントを紐づけることで、カゴ落ちや入荷情報の配信、継続購入を個別に促すことも可能です。

LINE公式アカウントで継続的なコミュニケーション
CASE. 03広告だけでは商品の魅力を伝えることができないなら

LINE広告×LINE公式アカウントで獲得から商品の紹介を一気通貫で実現

商品によっては、丁寧なコミュニケーションを経て購入につながるケースがあります。LINE広告で認知を高め、LINE公式アカウントに誘導してユーザーの悩みや欲しいものを聞くことで、そのユーザーにあった商品を訴求することができます。

LINE広告とLINE公式アカウント

LINE広告×LINE公式アカウントで獲得から商品の紹介を一気通貫で実現

商品によっては、丁寧なコミュニケーションを経て購入につながるケースがあります。LINE広告で認知を高め、LINE公式アカウントに誘導してユーザーの悩みや欲しいものを聞くことで、そのユーザーにあった商品を訴求することができます。

LINE広告とLINE公式アカウント

LINE広告 広告配信面

LINE広告では、LINEアプリ内で最もユーザーの閲覧頻度が高い「Smart Channel」のほか、タイムラインやLINE NEWSなどに広告が配信できます。

Smart Channel

トークリストの最上部に広告表示
  

詳細を見る

タイムライン

月間利用者数6,800万人以上
(2019年8月時点)

詳細を見る

LINE NEWS

月間利用者数6,800万人以上
(2019年7月時点)

詳細を見る

EC×LINE広告 配信実績例

コスメ系ECサイト A社

  • 目  的: LPからECサイトへの誘導
  • 配信期間: 3カ月
  • 配信予算: 月額約22万円
  • 配信方法: サイト訪問者へのリターゲティング
  • 配信結果: CPA約4,051円

アパレル系ECサイト B社

  • 目  的: LINE公式アカウントの友だち追加
  • 配信期間: 3カ月
  • 配信予算: 月額約21万円
  • 配信方法: 既存の友だちからの類似拡張など
  • 配信結果: CPA約132円

LINE広告 申し込みの流れ

STEP1

広告アカウントを開設

STEP2

広告配信の設定

STEP3

審査終了後、配信を開始

・申し込みから配信までは、全てオンライン上で完結します。

・広告アカウントの作成からすべての審査完了後(10営業日ほど)、すぐに配信を開始することができます。

LINE広告に関する質問や
出稿のご相談は
お気軽にお問い合わせください!